推進工事

全国トップレベルの実績と信頼で、あらゆるライフラインのニーズにお応えします

弊社では、あらゆる地盤に対応すべく様々な推進工法(泥土式・泥水式・泥濃式・衝撃式・オーガー式)に取り組んでおり、特に「エースモール工法」「ラムサス工法」「パイプリターン工法」「ハイブリッド工法」を得意分野としています。

エースモール工法(泥土圧・圧送廃土方式)

泥土圧方式の掘削・圧送排土機構と電磁法、減圧差法による位置検知機構及び高精度曲線位置計測システム(プリズム)の採用により、崩壊性地盤や礫・玉石混じり地盤までの広範囲な土質条件での高精度な長距離・曲線推進が可能。

<適用管径> φ250mm〜φ700mm

ラムサス工法(泥土圧(泥濃)・吸引排土方式)

泥濃式で一次・二次破砕機能を装備し、電磁波を用いた計測システムの採用により曲線施工、又専用排泥ユニットによるバキューム輸送排土方式により長距離推進が可能で、軟弱地盤から岩盤まで掘削可能。

<適用管径> ラムサスS:φ250mm〜φ700mm
          ラムサス:φ700mm〜φ3000mm

パイプリターン工法

排土・掘削が泥水環流システム・泥土圧式・エアリフト方式・真空排土・圧送排土方式などオールマイティで、又、全方向(下向・水平方向・真上・斜め)掘削可能であり、推進管はそのままで、掘削機が縮小・自走後退し、再挿入が可能であるため、土質に適したヘッド交換ができることから必要に応じて到達立坑を不要にできる。

<適用管径> φ450、φ650、φ800、φ1000mm

ハイブリッド工法

泥水式・泥濃式・泥圧式推進工法を組み合わせた複合式推進工法。特に崩壊性の高い砂礫土、変化の多い互層土質に適している。

<適用管径> 泥濃式:φ800mm〜φ2200mm
          泥圧式:φ1200mm〜φ3000mm


エースモールマシン

エースモールマシン